この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

【必見】LINEMOはプリペイド式格安SIMがある?料金や容量

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

期間限定!今だけ!他社からLINEMOへ乗り換え,新規申込みでPayPay10,000円分相当プレゼントキャンペーン実施中!

\今だけ期間限定!PayPay10,000円還元/

今だけ!期間限定!!PayPay10,000円分還元、契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしキャンペーン中!上のバナーから申し込むと自動適用されます。

LINEMO(ラインモ)にプリペイド式の格安SIMカードがあるのかどうか気になるかと思います。

結論から先に書くと、LINEMO(ラインモ)はプリペイド式の格安SIMカードを提供していません。

しかし、LINEMOは契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしなのでプリペイド式の格安SIMと同じように使うことができます

また、通信速度もLINEMO(ラインモ)のほうが断然速く、料金の安さもLINEMO(ラインモ)のほうがかなり安く、さらにLINEのデータ消費がゼロになるのでメリットがあります。

また本当のプリペイド式の格安SIMカードと違って契約したプラン以上のデータ容量(ギガ容量)を使い切っても月末日までは使えるのでメリットが大きいのです。

目次

LINEMO(ラインモ)はプリペイド式の格安SIMカードを提供していない

LINEMO(ラインモ)はプリペイドタイプの格安SIMカードを提供していません。

しかし、短期間SIMカードが必要な人に選ばれている理由はLINEMO(ラインモ)のデータ通信SIMは最低期間がなく1ヶ月だけで解約しても解約料などがかからず、プリペイド式の格安SIMよりも料金も安く速度が速いからです。

LINEMO(ラインモ)は月額900円(税込990円)で3GBの高速通信が可能な「ミニプラン」と月額2,480円(税込2,728円)で20GB高速通信が可能な「スマホプラン」の2つのプランがありますが

どちらのプランも最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしなので短期契約、短期利用に最適な格安SIMです。

LINEMO(ラインモ)は契約から解約までの手数料が全部無料

LINEMO(ラインモ)は月額900円(税込990円)で3GBの高速通信が可能な「ミニプラン」と月額2,480円(税込2,728円)で20GB高速通信が可能な「スマホプラン」の2つのプランがありますが

どちらのプランも最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしなので短期契約、短期利用に最適な格安SIMです。

  • LINEMO(ラインモ)の「ミニプラン」: 最低利用期間なし
  • LINEMO(ラインモ)の「スマホプラン: 最低利用期間なし
  • LINEMO(ラインモ)の契約事務手数料: 無料(0円)
  • LINEMO(ラインモ)の初月の基本料金 日割り計算
  • LINEMO(ラインモ)の解約手数料: 無料(0円)
  • LINEMO(ラインモ)のSIM発行手数料: 無料(0円)

解約時も完全0円で解約できるので1ヶ月や2ヶ月などの短期間だけ使用する格安SIMに最適です。

LINEMO(ラインモ)は契約手数料が無料

LINEMO(ラインモ)は契約時の契約事務手数料が無料です。

ほとんどの格安SIMで契約時の契約事務手数料は3000円〜5000円かかるのでこれだけでもLINEMO(ラインモ)が選ばれています。

LINEMO(ラインモ)は解約手数料・解約違約金が無料

LINEMO(ラインモ)は契約時の契約事務手数料だけでなく、解約時の契約解除料、解約違約金、契約解除料、MNP転出手数料すべて無料です。

LINEMO(ラインモ)ははじめやすくてやめやすい、乗り換えやすい最強の格安SIMです。

LINEMO(ラインモ)の初月の月額料金は日割り計算

LINEMO(ラインモ)は契約初月の月額料金は日割り計算されます。

LINEMO(ラインモ)は契約事務手数料が無料なので契約初月に請求される料金は月額料金の日割り計算された料金だけです。

LINEMO(ラインモ)は解約月の利用料金は1ヶ月分請求される

LINEMO(ラインモ)は約初月に請求される料金は月額料金の日割り計算された料金ですが、解約月は1ヶ月分の月額料金が請求されます。

そのため20日〜25日あたりに解約するのがおすすめです。

LINEMO(ラインモ)はMNP転出手数料も無料

ほとんどの格安SIMでMMPの転出手数料が取られますが、LINEMO(ラインモ)は他の格安SIMや大手キャリアに乗り換える時のMNP転出手数料も無料です。

INEMO(ラインモ)は短期契約・短期利用に最強の格安SIM

LINEMO(ラインモ)は月額900円(税込990円)で3GBの高速通信が可能な「ミニプラン」と月額2,480円(税込2,728円)で20GB高速通信が可能な「スマホプラン」の2つのプランがありますが

どちらのプランも最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしなので短期契約、短期利用にベストな格安SIMです。

  • LINEMO(ラインモ)の「ミニプラン」: 最低利用期間なし
  • LINEMO(ラインモ)の「スマホプラン: 最低利用期間なし
  • LINEMO(ラインモ)の契約事務手数料: 無料(0円)
  • LINEMO(ラインモ)の初月の基本料金 日割り計算
  • LINEMO(ラインモ)の解約手数料: 無料(0円)

解約時も完全0円で解約できるので1ヶ月や2ヶ月などの短期間だけ使用する格安SIMに最適です。

LINEMO(ラインモ)のデータ通信SIMはプリペイド式と同じ

LINEMO(ラインモ)のデータ通信のみ(SMSあり/なし)のSIMには最低利用期間はありません

音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)には契約後12ヶ月間の最低利用期間が設定されています。

ただし、音声通話SIMでも13ヶ月目以降の解約は違約金なしの0円で解約できます。

LINEMO(ラインモ)のSIMカード別最低利用期間
  • データ通信SIM(SNSなし): 最低利用期間なし
  • データ通信SIM(SNSあり): 最低利用期間なし
  • 音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM): 契約後12ヶ月間の最低利用期間あり

(家電量販店のプリペイドタイプのSIMカード売り場)

LINEMO(ラインモ)のデータ通信SIM(SMSなし)の最低利用期間はなし

LINEMO(ラインモ)にはデータ通信のみのSIMとデータ通信+SMSのSIMとデータ通信+音声通話(音声通話SIM)のSIMの3つの種類があります。

データ通信のみのSIMには最低利用期間や解約手数料が設定されていません。

どのタイミングで解約しても無料の0円で解約できます。

極端に書くと契約初月に解約しても違約金なしの0円でLINEMO(ラインモ)を解約できます。

LINEMO(ラインモ)のデータ通信SIM(SMSあり)の最低利用期間はなし

データ通信(SMSあり)のSIMもデータ通信SIM(SMSなし)と同様に最低利用期間はありません。

データ通信(SMSあり)のSIMには最低利用期間や解約手数料が設定されていません。

どのタイミングで解約しても無料の0円で解約できます。

極端に書くと契約初月に解約しても違約金なしの0円でLINEMO(ラインモ)を解約できます。

LINEMO(ラインモ)の最低利用期間はデータ通信SIM:なし 音声通話SIM:12ヶ月

LINEMO(ラインモ)をプリペイド式SIMカードとして使うデメリット

LINEMO(ラインモ)のSIMカードをプリペイド式のSIMカードとして使う場合には1つだけ、SIMフリーまたはSIMロックがかかってないスマホを用意する必要があるということです。

SIMロックを解除したdocomo、au、SoftBank、Yモバイル、UQモバイルなどのiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレットやSIMフリー(SIMロックが掛かっていないまたはSIMロックを解除した)のiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレットであればSIMカードを挿入するだけで使えます。

ただし、SIMロックを解除していないdocomo、auのiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレットはSIMロック解除手続きをしないと使えないので注意が必要です。

※SIMロック解除はSoftBank、docomo、auなどのマイページから無料ですることができます。

LINEMO(ラインモ)が対応しているiPhone・iPad機種一覧リスト

【LINEMO対応機種(2021年3月21日時点)】
製品 確認内容
iPhone 12 SIMカード、eSIMともに確認
iPhone 12 mini SIMカード、eSIMともに確認
iPhone 12 Pro SIMカード、eSIMともに確認
iPhone 12 Pro Max SIMカード、eSIMともに確認
iPhone SE(2020・第2世代) SIMカード、eSIMともに確認
iPhone 11 SIMカード、eSIMともに確認
iPhone 11 Pro SIMカード、eSIMともに確認
iPhone 11 Pro Max SIMカード、eSIMともに確認
iPhone XR SIMカード、eSIMともに確認
iPhone XS SIMカード、eSIMともに確認
iPhone XS Max SIMカード、eSIMともに確認
iPhone X SIMカードのみ確認
iPhone 8 SIMカードのみ確認
iPhone 8 Plus SIMカードのみ確認
iPhone 7 SIMカードのみ確認
iPhone 7 Plus SIMカードのみ確認
iPhone SE SIMカードのみ確認
iPhone 6s SIMカードのみ確認
iPhone 6s Plus SIMカードのみ確認
iPad(第5世代) SIMカードのみ確認
iPad(第6世代) SIMカードのみ確認
iPad(第7世代) SIMカード、eSIMともに確認
iPad(第8世代) SIMカード、eSIMともに確認
iPad Pro 9.7インチ SIMカードのみ確認
iPad Pro 10.5インチ SIMカードのみ確認
iPad Pro 11インチ SIMカード、eSIMともに確認
iPad Pro 11インチ(第2世代) SIMカード、eSIMともに確認
iPad Pro 12.9インチ SIMカードのみ確認
iPad Pro 12.9インチ(第2世代) SIMカードのみ確認
iPad Pro 12.9インチ(第3世代) SIMカード、eSIMともに確認
iPad Pro 12.9インチ(第4世代) SIMカード、eSIMともに確認
iPad Air 2 SIMカードのみ確認
iPad Air(第3世代) SIMカード、eSIMともに確認
iPad Air(第4世代) SIMカード、eSIMともに確認
iPad mini 4 SIMカードのみ確認
iPad mini(第5世代) SIMカード、eSIMともに確認
OPPO Reno3 A SIMカードのみ確認
arrows U SIMカードのみ確認
Pixel 4a (5G) SIMカード、eSIMともに確認
Pixel 4a SIMカード、eSIMともに確認
Pixel 5 SIMカード、eSIMともに確認

LINEMO(ラインモ)をプリペイド式SIMカードとして使うメリット

データ容量(ギガ容量)を使い切っても月末日までネットが使える

LINEMO(ラインモ)の場合は3GB,20GBの2つのデータ容量のプランがあって契約時に選択することができます。

LINEMO(ラインモ)とプリペイド式SIMカードの利用期限
  • LINEMO(ラインモ): 契約しているプランのデータ容量以上を使っても月末日まで使える
  • プリペイド式のSIMカード: データ容量を使い切ったら自動的に即解約される

この3GB,20GBのデータ容量を使い切った場合は、翌月の1日まで1Mbps(1000kbps)の速度制限がかかりますがネットは月末まで使うことができます。

しかし本物のプリペイド式SIMカードは選んだデータ容量(ギガ容量)を使い切るとその時点で自動解約となりネットが使えなくなります。

LINEMO(ラインモ)の速度制限や低速通信の規制内容と通信速度の詳細!解除されるタイミングや低速通信の確認方法まで

プリペイド式よりも通信速度は断然LINEMO(ラインモ)のほうが速い

実際にIIJmioプリペイドパック、mineo プリペイドパック、楽天モバイル プリペイドSIM、China Unicom プリペイドSIM、MOST SIM T-Mobile SIMのプリペイド式のSIMカードを契約して使ったことがありますが、

正直速度はものすごく遅かったです。実測で1Mbps出ることのほうが少ないくらい速度は遅くてアプリのダウンロードやインストールも回線の速度がおそすぎてできないレベルでした。

(↑プリペイド式のSIMカードの通信速度 IIJmioプリペイドパック)

そのため夜中の速度が5Mbps程度まで少し回復する時間まで待って使うか、マクドナルドまで行って無料のWi-Fiに接続して使っていました。

LINEMO(ラインモ)は通信速度はかなり速くどの時間帯であっても実測で30Mbps以上出ます。

(↑LINEMO(ラインモ)のSIMカードの通信速度

LINEMO(ラインモ)はLINEデータ消費ゼロ(ギガ消費なし)

LINEMO(ラインモ)でカウントフリーの対象となるLINEの通信

  • LINEのトークでのテキストメッセージの送受信(グループ含む)
  • LINEのトークでの画像、動画、他ファイルの送受信(グループ含む)
  • LINEの無料音声通話
  • LINEの無料ビデオ通話
  • タイムラインの閲覧、投稿
  • 「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧
  • LINEアプリ内のニュースの閲覧
  • スタンプのダウンロード
  • 着せ替えのダウンロード
  • 「その他」画面での表示や設定
  • 「友だち」の閲覧、友だち追加
  • 「ウォレット」トップの閲覧
  • LINE Outでの通信

ビデオ通話は1分で2.5MB程度のデータ容量を消費しますが、LINEMO(ラインモ)の場合は、

何分LINEのビデオ通話をしてもデータ消費量はゼロなので、少ないデータ容量のプランで済むようになり結果的に月額料金が安くなります。

LINEMO(ラインモ)は全プランでテザリングが無料で使える

LINEMO(ラインモ)はどのプランを選んでもテザリングが無料で使い放題です。

プランと容量によって月額料金が違うので自分が一月に使うデータ容量のプランを契約すると無駄な月額料金を払わなくてよくなります。

まとめ:LINEMO(ラインモ)はプリペイド式のSIMはないけどデータ通信SIMが同じ

LINEMO(ラインモ)はプリペイド式の格安SIMカードを提供していませんが、

LINEMOは契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしなのでプリペイド式の格安SIMと同じように使うことができます

また、通信速度もLINEMO(ラインモ)のほうが断然速く、料金の安さもLINEMO(ラインモ)のほうがかなり安く、さらにLINEのデータ消費がゼロになるのでメリットがあります。

また本当のプリペイド式の格安SIMカードと違って契約したプラン以上のデータ容量(ギガ容量)を使い切っても月末日までは使えるのでメリットが大きいのです。