PR

LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

5/7(火)23:59までの申し込み完了分まで!期間限定!!他社からLINEMOへ乗り換えで12,000円分PayPayプレゼントプレゼント(ミニプランは3,000円分)+全契約解約手数料無料キャンペーン!土日も契約申し込み&SIM発送対応中!!MNP乗り換えなら『新社会人でなくても誰でも適用』されます。

\今だけ!期間限定!12,000円分PayPay+PayPayポイントプレゼント+全手数料無料キャンペーン自動適用ボタン(自動適用されます)/


5/7(火)まで!期間限定!!他社からLINEMOへ乗り換えで12,000円分PayPayポイントプレゼント(ミニプランは3,000円分)+全契約解約手数料無料、契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしキャンペーン中!上のバナーから開いて申し込みボタから申し込むと自動適用されます。

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

LINEMO-ラインモの子供の契約 LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

LINEMO(ラインモ)を子供のスマホ用に契約する場合は、名義をお客様情報の入力画面で契約者の部分で契約者である両親(親)の情報を入力します。また本人確認書類も契約者である両親(親)の本人確認書類を提出します。

LINEMO(ラインモ)は18歳未満の中学生や高校生の未成年であっても契約できる格安SIMです。

LINEMO(ラインモ)契約者と利用者が違う場合の注意点
  • 契約者情報: 両親(親)の情報を入力する
  • 利用者情報:子供や孫などの家族の情報を入力する
  • 本人確認書類:両親(親)の本人確認書類を提出する

お客様情報の入力画面の契約者についての部分には、契約者である両親(親)の情報を入力します。また本人確認書類も契約者である両親(親)の本人確認書類を提出します。

LINEMO(ラインモ)は利用者が未成年であっても親名義で契約し利用者を未成年の子供にすることでLINEMO(ラインモ)の格安SIMを契約して使うことができます。

howto-linemo-child-contract-kazokuriyou LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

ここでは未成年でもLNIEモバイルを契約するためのやり方(方法)と手順を詳しく紹介します!

LINEMO(ラインモ)は今だけ!「期間限定」で契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なし、契約初月の料金日割り計算と契約から解約までの全手数料無料キャンペーンを実施中です。

全手数料キャンペーンが適用できているかの確認方法

LINEMOの全手数料無料キャンペーンが正常に適用できているかは以下の方法で確認できます。

linemo-campaign-free-aply LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

※通常は契約事務手数料3300円、SIMカード発行手数料446円がかかります。

LINEMOは未成年の子供の契約でも申し込みができる格安SIM

linemo-mousikomi-kazoku-select LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

LINEMO(ラインモ)は未成年の18歳、19歳の方であればLINEMO(ラインモ)を契約する時に出てくる

「親権者同意を得ている」の部分にチェックを入れれば未成年であっても契約することができます。

 

howto-linemo-child-contract-kazokuriyou LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

契約者が未成年かどうかは、入力した生年月日の内容から自動的に判定されます。

LINEMO(ラインモ)契約者と利用者が違う場合の注意点

LINEMO(ラインモ)契約者と利用者が違う場合の契約申し込み時の注意点は、本人確認書類として提出するのは「契約者の本人確認書類」だということです。

契約者と利用者が違う場合の契約で審査落ちするという相談をよく受けますが、その場合は、「利用者の本人確認書類」を提出していることがほとんどです。

お客様情報の入力画面の契約者についての部分には、契約者である両親(親)の情報を入力します。また本人確認書類も契約者である両親(親)の本人確認書類を提出します。

LINEMO(ラインモ)契約者と利用者が違う場合の注意点
  • 契約者情報: 両親(親)の情報を入力する
  • 利用者情報:子供や孫などの家族の情報を入力する
  • 本人確認書類:両親(親)の本人確認書類を提出する

LINEMO(ラインモ)は申し込みの際に入力する契約者情報と、提出する本人確認書類の情報が異なる場合は確実に審査に落ちますので注意が必要です。

未成年がLINEMO(ラインモ)を契約するときは契約者名義と支払いの名義が同じであること

18歳、19歳の未成年がLINEMO(ラインモ)を契約する場合は、クレジットカードや口座振替に使う口座の名義が契約者名義と一致している必要があります。

LINEMO(ラインモ)の契約者名義と支払い(決済)方法の名義が一致していないと審査に落ちるため契約できません。

LINEMO(ラインモ)が未成年の人に人気で多くの人が契約している理由は未成年であっても利用者とすることで契約でき、クレジットカードを持っていなくても口座振替でも契約できるからです。

LINEMO(ラインモ)を18歳以下の高校生や中学生、小学生が利用するやり方

LINEMO(ラインモ)に限らず18歳未満の未成年が本人名義で契約できる格安SIMは存在しません。

LINEMO(ラインモ)は18歳未満の高校生や中学生、小学生用のスマホやiPhoneのSIMカードとして大人気ですが、本人名義では契約できません。

利用者が未成年であっても親名義で契約し利用者を未成年の子供にすることでLINEMO(ラインモ)のSIMやeSIMを契約して使うことができます。

LINEMO(ラインモ)は18歳未満の未成年の契約はできなくても利用はできる

LINEMO(ラインモ)は18歳未満の未成年の契約はできませんが、利用することは可能でLINEMO(ラインモ)からも推薦されているやり方です。

というより、18歳未満の未成年に格安SIMを使わせる方法はLINEMO(ラインモ)を含めたすべての格安SIMでは、保護者名義でLINEMO(ラインモ)を契約して子供に利用させる方法しかありません。

この理由は、18歳未満の未成年には支払能力がないとされているからです。

18歳未満の未成年であっても親にLINEMO(ラインモ)を使えばスマホ代が大幅に節約できて家計の助けになる事実をしっかりと伝えれば、きっと理解してくれるはずです。

LINEMO(ラインモ)は親が契約したSIMカードを使いまわしができる

LINEMO(ラインモ)は契約者は18歳以上でなければ契約できませんが、

LINEMO(ラインモ)の利用者に年齢制限はないため18歳未満の子供にLINEMO(ラインモ)のSIMカードを使わせてもなにも問題はありません。

そのため子供用のSIMカードを親が契約して子供に使わせたり1枚のSIMカードを使いまわして外出する子供のスマホにセットして持たせることもできます。

LINEMO(ラインモ)は月額980円だけで子供にスマホを持たせることができる

LINEMO(ラインモ)は月額980円のだけで音声通話もデータ通信もできる大手キャリアのソフトバンクやドコモと契約したときと同じ全機能が使える格安SIMです。

LINEMO-ラインモの2つのプラン LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

この3GBというデータ容量(ギガ容量)は高速通信ができる容量が3GBあるという意味で3GB以上使っても速度が少し遅くなるだけでデータ通信のインターネットが使えなくなるわけではありません。

もちろん3GB以上使ってもLINEのトークでのメッセージの送受信やLINEの音声通話、ビデオ通話は全く問題なく利用できます。

LINEMO(ラインモ)は契約しているプランのデータ容量を使い切ってもLINEアプリは速度制限の対象外なので常に快適に音声通話もビデオ通話も使えます。

LINEだけしか使わない人は月額980円の3GBで十分に足りる

もしSNSはLINEだけしか使わないという場合は、ミニプランがおすすめです。

月額980円だけで使えるという負担のない料金で、

LINEの音声通話もビデオ通話も画像や動画の送受信などのトークもすべてカウントフリー(データフリー)の対象となり使い放題なので

データ容量を一切消費しないだけでなく、速度制限中でもLINEの通信は速度制限の対象外なので、快適にビデオ通話も音声通話もできます。

【完全保存版】LINEMO(ラインモ)のデータフリー・カウントフリーとなる通信内容まとめ

LINEMO(ラインモ)はペアレンタルコントロールができる格安SIM

what-linemo-girl LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

LINEMO(ラインモ)の格安SIMはペアレンタルコントロール機能が無料で使えます。

具体的にペアレンタルコントロール機能でできることは、

「iTunes Store や App Store で購入できないようにする」「Siri による Web 検索を制限する」「特定のアプリの利用を制限する」「標準付属の App や機能の使用を認める」「SafariやChromeでweb検索ができないように制限する」

「不適切な表現を用いた動画やアプリ、映画などを制限する」「不適切なWebコンテンツへのアクセスを制限する」「Game Center の使用を制限する」

「「友達を探す」の位置情報の共有設定を現状のまま固定する」「カメラを利用できないように制限する」「FaceTimeを利用できないように制限する」などができ

すべて無料で使えるので格安で子供用のスマホを作ることができます。

  • 特定のアプリの利用を制限する
  • iTunes Store や App Store で購入できないようにする
  • 標準付属の App や機能の使用を認める
  • SafariやChromeでweb検索ができないように制限する
  • 不適切な表現を用いた動画やアプリ、映画などを制限する
  • 不適切なWebコンテンツへのアクセスを制限する
  • Game Center の使用を制限する
  • 「友達を探す」の位置情報の共有設定を現状のまま固定する
  • Siri による Web 検索を制限する
  • カメラを利用できないように制限する
  • FaceTimeを利用できないように制限する
  • アプリの購入ができないように制限する
  • アプリ内の課金ができないように制限する

ペアレンタルコントロール機能を使うとこれらの制限機能が完全無料で使えます。

ペアレンタルコントロール機能で利用できるアプリを制限する

具体的にペアレンタルコントロール機能は以下のように親が自由に子供が使えるアプリを簡単に制限することができます。

子供は許可されたApp以外のアプリは利用制限がされて勝手に使うことができなくなります。

LINEMOは-ペアレンタルコントロールが利用できる格安SIM-002 LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

LINEMO(ラインモ)は何のアプリを何時間使ったかがわかる

ペアレンタルコントロール機能を使うと子供が、どのアプリをいつ、何時間使用したのかを親が確認することができます。

この利用時間の統計をごまかすことはできません。

たとえばこれだとLINEとTwitterを多く使っているのでTwitteを制限するということが可能です。

parental-control-iphone-e1682421268776 LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

ペアコントロール機能でゲームやLINE,YouTubeを制限できる

たとえば、子供のスマホの利用状況を確認したときに「Cyber Hunter」というゲームを長時間プレイしていて一日中スマホを触っているような状況がわかります。

本来ゲームをさせたくないという時は「Cyber Hunter」というゲーム自体を利用できないように制限することができますし、利用時間の制限も可能です。

 

↑1日にゲームを12時間、SNSを約1時間をしていたら学力と成績に影響するので制限したほうがいいですね。

LINEMOは ペアレンタルコントロールが利用できる格安SIM

LINEMO(ラインモ)はキャンペーンで契約から解約までの手数料が全部無料

linemo-girl-ok LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

LINEMO(ラインモ)は月額900円(税込990円)で3GBの高速通信が可能な「ミニプラン」と月額2,480円(税込2,728円)で20GB高速通信が可能な「スマホプラン」の2つのプランがありますが

どちらのプランもキャンペーン適用で最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしの契約から解約までのすべての手数料を無料の0円にすることができます。

  • LINEMO(ラインモ)の契約事務手数料: 無料(0円)
  • LINEMO(ラインモ)の初月の料金 日割り計算
  • LINEMO(ラインモ)の解約手数料: 無料(0円)
  • LINEMO(ラインモ)のSIM発行手数料: 無料(0円)
  • LINEMO(ラインモ)のMNP転入手数料: 無料(0円)
  • LINEMO(ラインモ)のMNP転出手数料: 無料(0円)
  • LINEMO(ラインモ)の解約時のSIMカードの返却:不要

解約時や他社にMNPで乗り換える時も完全0円で解約できるので無駄なコストを節約したい人にもうれしい内容となっています。

LINEMOは契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料キャンペーン中

linemo-tyokin LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

LINEMO(ラインモ)は今だけ!「期間限定」で契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なし、契約初月の料金日割り計算と契約から解約までの全手数料無料キャンペーンを実施中です。

全手数料キャンペーンが適用できているかの確認方法

LINEMOの全手数料無料キャンペーンが正常に適用できているかは以下の方法で確認できます。

linemo-campaign-free-aply LINEMOの子供の契約は親名義で利用者を家族利用の子供(未成年)にする

※通常は契約事務手数料3300円、SIMカード発行手数料446円がかかります。

5/7(火)23:59までの申し込み完了分まで!期間限定!!他社からLINEMOへ乗り換えで12,000円分PayPayプレゼントプレゼント(ミニプランは3,000円分)+全契約解約手数料無料キャンペーン!土日も契約申し込み&SIM発送対応中!!MNP乗り換えなら『新社会人でなくても誰でも適用』されます。

\今だけ!期間限定!12,000円分PayPay+PayPayポイントプレゼント+全手数料無料キャンペーン自動適用ボタン(自動適用されます)/


5/7(火)まで!期間限定!!他社からLINEMOへ乗り換えで12,000円分PayPayポイントプレゼント(ミニプランは3,000円分)+全契約解約手数料無料、契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしキャンペーン中!上のバナーから開いて申し込みボタから申し込むと自動適用されます。

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

LINEMO(ラインモ)の契約申し込み
この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)
伊集院一郎をフォローするとLINEMO(ラインモ)の最新情報・お得な情報をお届けします(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました