この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

LINEMO(ラインモ)のキャリア表示は「SoftBank」「LINEMO」

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

今だけ!!期間限定!新規契約または他社からLINEMOへ乗り換えで12ヶ月分の料金無料キャンペーン+PayPay16,000円分相当プレゼントキャンペーン!土日も契約申し込み&SIM発送対応中!!

\今だけ!期間限定!12ヶ月分料金無料+PayPay16,000円還元(自動適用されます)/


今だけ!期間限定!!12ヶ月分の料金無料キャンペーン+PayPay16,000円分相当プレゼントキャンペーン、契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしキャンペーン中!上のバナーから申し込むと自動適用されます。

LINEMO(ラインモ)の格安SIMのキャリア表示(アンテナのキャリア名)はiOS14.5以下の場合は「SoftBank」iOS14.5以上の場合は「LINEMO」と表示されます。

Androidの場合はどのAndroidのバージョンに関係なくすべてのスマホで「LINEMO」と表示されます。

iOSが古い時代はSoftBank表示でしたが今のiPhoneはeSIMと物理SIMの2回線が同時に使えるようになっているため格安SIMの会社名が表示される仕様に変わっています。

https://twitter.com/strima_/status/1387192385705156610?s=20

LINEMO(ラインモ)はSoftBankの電波と設備を使っている格安SIMなのでエリアも電波の入り具合もSoftBankと全く同じになります。

LINEMO(ラインモ)はSIMの差し替えが自由にできる格安SIM

LINEMO(ラインモ)は契約したSIMカードの差し替えが自由にできる格安SIMです。

そのため、1枚のLINEMO(ラインモ)のSIMカードを複数のiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレットに差し替えるだけで使えることができます。

LINEMO(ラインモ)は契約しているSIMカードを自由に差し替えができるので、スマホの機種変更もSIMカードを差し替えるだけで完了となります。

LINEMO(ラインモ)はSIMとスマホの結びつけがない

LINEMO(ラインモ)は契約したSIMカードの契約と、使用しているスマホ端末との結びつけがありません。

そのため、どのiPhnoeやAndroidスマホでも利用できますし、複数のスマホ端末に自由に差し替えて使うことができます。

iPhoneのLINEMOのキャリア表示は「LINEMO」「SoftBank」

LINEMO(ラインモ)の格安SIMのキャリア表示(アンテナのキャリア名)はiOS14.5以下の場合は「SoftBank」iOS14.5以上の場合は「LINEMO」と表示されます。

iOSが古い時代はSoftBank表示でしたが今のiPhoneはeSIMと物理SIMの2回線が同時に使えるようになっているため格安SIMの会社名が表示される仕様に変わっています。

https://twitter.com/strima_/status/1387192385705156610?s=20

https://twitter.com/Poporo_ff/status/1387170198831042562?s=20

AndroidスマホのLINEMOのキャリア表示は「LINEMO」

Androidの場合はどのAndroidのバージョンに関係なくすべてのスマホで「LINEMO」と表示されます。

LINEMO(ラインモ)はiPhoneの主回線・副回線の同時利用や同時待ち受けに対応

LINEMO(ラインモ)はiPhoneのeSIMと物理SIMでの同時待受(DSDS)に対応しており、主回線としても副回線とでも使えますし、LINEMOの2回線利用も対応しています。

ここでは実際にDSDS対応のASUSのZenFoneにLINEMO(ラインモ)のソフトバンク回線のSIMカードをスロット1に

ドコモ回線のSIMカードをスロット2に挿入した時の設定画面です。

ちゃんと両方のSIMカードが認識していて「デフォルトのデータ通信」のSIMカードを選ぶことで

どちらのSIMカードで通信をするのかを選択できます。

それぞれのSIMカードで「APN」というインターネットに接続するのに必要なアクセスポイント名の設定も

それぞれのSIMカードで「APN」を設定できるようになっています。

ちゃんとスロット1のLINEMO(ラインモ)のソフトバンク回線のSIMカードと

スロット2のLINEMO(ラインモ)のドコモ回線のSIMカードが認識していることが確認できます。

LINEMO(ラインモ)の格安SIMカードのAPN設定情報

LINEMO(ラインモ)のSIMカードを挿入したDSDS対応のスマホに以下のAPNの設定をすればすぐにデータ通信ができます。

070/080/090の音声通話(電話)はSIMカードを挿してLINEMO(ラインモ)のマイページから回線の開通手続きをすればAPNの設定をしなくても着信も発信も使えます。

LINEMO(ラインモ)はdocomo回線、SoftBank回線、au回線の3つの回線がありますがどれもAPNの設定内容は共通です。

以下の項目以外の内容は設定をしなくてもデータ通信(インターネット接続)には影響ありません。

LINEMO(ラインモ)のAPN設定情報
  • 名前     LINEMO
  • APN     plus.acs.jp
  • ユーザー名  lm
  • パスワード  lm
  • MCC     440
  • MNC     20
  • 認証タイプ  CHAP
  • APNタイプ  default,mms,supl,hipri
【2022年最新】LINEMOのSIMカードが届いてからの利用開始手続き

LINEMO(ラインモ)をiPhoneで使う場合の構成プロファイルのダウンロード

STEP1. iPhoneやiPadをWiFiに接続する

LINEMO(ラインモ)の通信プロファイルのダウンロードにインターネット接続が必要なので、WiFiに接続します。

STEP2. LINEMOの構成プロファイルをダウンロード&インストールする

WiFiに接続したら「Safari」を移動して、以下のURLにアクセスしてプロファイルをダウンロードします。

ダウンロードURL: https://www.linemo.jp/process/apn/ios/config/LINEMO_APN.mobileconfig

インストールをタップします。

端末にパスコードを設定している場合はパスコードの入力を求められるので、

iPhoneやiPadに設定しているパスコードを入力します。

インストールをタップしてインストールします。

完了ボタンをタップしたら

LINEMO(ラインモ)のプロファイルのインストールは完了です。

【2022年最新】LINEMOのSIMカードが届いてからの利用開始手続き

LINEMO(ラインモ)は今だけ!「期間限定」で契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なし、契約初月の料金日割り計算と契約から解約までの全手数料無料キャンペーンを実施中です。

全手数料キャンペーンが適用できているかの確認方法

LINEMOの全手数料無料キャンペーンが正常に適用できているかは以下の方法で確認できます。

※通常は契約事務手数料3300円、SIMカード発行手数料446円がかかります。